■文字の大きさ  標準 English / Portugues ■色の変更  白 黒 青
 サイト内検索
 閲覧回数の多い情報
TOP  >  市民生活情報  >  くらし  >  税金  >  ふるさと納税
税務課 ]  2020年11月4日 更新  
■令和3年度個人市民税・県民税(住民税)から適用される主な改正について

〇基礎控除及び調整控除の見直し

基礎控除額が33万円から以下のように改正されます。

合計所得金額 改正後基礎控除額
2,400万円以下

43万円

2400万円超~2,450万円以下

29万円

2450万円超~2,500万円以下

15万円

2,500万円超

適用なし

※調整控除も適用なし

※調整控除とは、所得税と市県民税の所得控除の差を調整する控除です。

〇寡婦(寡夫)控除の見直し、ひとり親控除の新設

・婚姻歴や性別に関わらず、生計を一にする子(総所得金額等が48万円以下)を有する単身者(合計所得金額が500万円以下に限る)について、「ひとり親控除」(控除額30万円)を適用します。
※住民票の続柄に「夫(未届)」「妻(未届)」と記載があるかた、事実上婚姻関係と同様の事情があると認められる一定の人がいるかたは、対象外となります。

・寡夫控除は「ひとり親控除」となり、寡夫控除は廃止されます。

・「ひとり親控除」以外の寡婦控除は引き続き適用されます(控除額26万円)が、子以外の扶養親族を有する寡婦についても、所得制限(合計所得金額500万円以下)が設定されました。

〇非課税の基準について

各合計所得金額の基準が10万円増加しました。

詳しくは、市HPの市県民税が非課税となる人 をご覧ください。

〇給与所得、公的年金に係る雑所得について

給与所得、公的年金に係る雑所得を計算する際の控除の金額が変更となりました。

所得税と同じ変更ですので、詳しくは以下のリンクからご確認ください。

給与所得に関すること →  国税庁HP(昨年から変わった点)

年金所得に関すること →  国税庁HP(公的年金等の課税関係)

 

美濃加茂市役所 〒505-8606 岐阜県美濃加茂市太田町3431番地1 電話0574-25-2111 FAX 0574-25-3917