■文字の大きさ  標準 English / Portugues ■色の変更  白 黒 青
 サイト内検索
 閲覧回数の多い情報
TOP  >  市民生活情報  >  くらし  >  税金  >  軽自動車税種別割
税務課 ]  2019年1月24日 更新  
■配偶者控除及び配偶者特別控除の改正について

 平成29年度税制改正により、配偶者控除及び配偶者特別控除について、以下のように改正されます。

〇改正が適用される時期

 平成30年1月以降の所得に適用されるため、平成31年度市県民税から適用されます。
 また、所得税の場合は平成30年分から適用されます。

〇改正内容について

 1.配偶者控除について、扶養者(申告者)に所得制限が設けられ、合計所得金額が900万円を超えると控除額が減少し、合計所得金額1,000万円を超える場合は適用できません。

 2.配偶者特別控除について、扶養者の合計所得金額900万円以下かつ、配偶者の合計所得金額38万円を超えて85万円以下の場合は、従来の配偶者控除と同額(住民税:33万円、所得税:38万円)の所得控除が受けられるようになります。配偶者特別控除が適用される上限も合計所得金額が123万円未満まで拡大され、それに合わせて控除額が変更されます。また、扶養者の合計所得金額が900万円を超えると控除額が減少し、合計所得金額1,000万円を超える場合は適用できません。

 詳しくは、配偶者(特別)控除表 (PDF) をご覧ください。

〇配偶者特別控除を受ける際の注意点

 ・配偶者は扶養者の扶養の人数には含まれないため、配偶者が障がい者であっても、扶養者は配偶者についての障害者控除を受けられません。(配偶者自身は自分の申告において自身の障害者控除を適用できます。)
  また、市県民税の非課税判定の人数に含まれません。(非課税判定についてはこちらをご覧ください。)

 ・配偶者自身にも、市県民税及び所得税が課税される場合があります。

〇扶養者の合計所得金額が1000万円を超える際の注意点
 配偶者の合計所得金額が38万円以下の場合、扶養者の同一生計配偶者として申告することで、配偶者控除の適用は受けられませんが、扶養の人数には含まれるため、扶養者は配偶者についての障害者控除を受けられるほか、市県民税の非課税判定の人数にも含まれます。

 所得税に関する詳しいことについては、こちら(国税庁HP)をご覧ください。

美濃加茂市役所 〒505-8606 岐阜県美濃加茂市太田町3431番地1 電話0574-25-2111 FAX 0574-25-3917