■文字の大きさ  標準 English / Portugues ■色の変更  白 黒 青
くらし 子育て・教育 健康・福祉 文化・スポーツ 市政情報 市民の声
 サイト内検索
 閲覧回数の多い情報
TOP > 市民生活情報 > 健康・福祉 > 健康・福祉
高齢福祉課 ]  2020年6月19日 更新
■ 介護保険サービス利用時の負担と減額制度について知りたい
介護保険のサービスを利用したときは、かかった費用の1割、2割または3割を自己負担します。
また、施設に入所した場合には、ほかに居住費や食費、日常生活費なども自己負担となります。
居住費や食費は、一定の基準を満たしている場合、申請により減額となる制度(特定入所者介護サービス費)があります。
介護保険料を滞納した場合は、自己負担1割(または2割)で介護サービスが受けることができるところを3割(自己負担3割の方は4割)となる場合があります。
また、災害その他の特別な事情によって自己負担が減免となる場合もあります。

■高額介護(介護予防)サービス費について
サービスを利用したときに支払う1割、2割、または3割の自己負担額が一定の上限額を超えたときは、その超えた額を申請により高額介護(介護予防)サービス費として払い戻します。
この場合の自己負担額には、①施設利用時における居住費や食費、日常生活費その他保険給付外のサービスに係る費用、②在宅サービスにおける福祉用具購入費や住宅改修費の自己負担分は含まれません。
なお、同一世帯に複数の要介護者などがいるときは、世帯全体の自己負担額を合算することができます。
自己負担の上限額は1か月あたり44,400円ですが、市民税非課税世帯に属する方は、自己負担上限額が下記のとおり低く設定されます。

○世帯全員が市民税非課税で、合計所得金額と課税年金収入額の合計が年間80万円を超える人
⇒1ヶ月あたり24,600円
○世帯全員が市民税非課税で、合計所得金額と課税年金収入額の合計が年間80万円以下の人
⇒1ヶ月あたり15,000円
○生活保護を受給している方、老齢福祉年金の受給者で世帯全員が市民税非課税の人
⇒1ヶ月あたり15,000円

市が対象者を確認して申請書を郵送しますので、申請書が届いた方は記入して提出してください。それ以後に支給対象の月がある時は、提出された申請書で指定済みの口座に月ごとに振込みを行い支給させていただきます。
対象者の把握はサービス利用月から2ヶ月後になるため、申請書の郵送も概ね2か月後になります。


■特定入所者介護サービス費(負担限度額認定証)について
介護保険サービスの施設利用時(ショートステイを含む)における居住費や食費については、居住費は通常1日377円~2,006円(居室の種類により異なります)、食費は通常1日1,392円ですが、次の方は申請により負担限度額認定証の交付を受け、施設利用契約時に認定証を提示する事により減額の適用が受けられます。
また、負担限度額認定結果が別制度の高額サービス費の算定基準にも用いられるため、認定証交付対象者で施設サービスを利用されない方でも、認定申請をして認定証の交付を受けておく必要があります。

○世帯全員が市民税非課税で、合計所得金額と課税年金収入額の合計が年間80万円を超える人
⇒居住費:370~1,310円(1日につき)
⇒食 費:650円(1日につき)
○世帯全員が市民税非課税で、合計所得金額と課税年金収入額の合計が年間80万円以下の人
⇒居住費:370~820円(1日につき)
⇒食 費:390円(1日につき)
○生活保護を受給しているまたは老齢福祉年金の受給者で世帯全員が市民税非課税の人
⇒居住費:0~820円(1日につき)
⇒食 費:300円(1日につき)

本人または世帯員の住民異動(転入・転出・死亡等)により、年度途中に新規で対象となる場合や、対象外になる場合もありますので、不明な場合は問い合わせて下さい。
負担限度額認定証は毎年7月末日が有効期限となっており、引き続き認定証の交付を受ける方は更新手続きが必要ですが、市から事前に更新可能予定者を調査して通知を行います。

■経過措置について
申請により自己負担が軽減される制度があります。
○介護保険法施行時(平成12年4月1日)に従来から介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)に入所していた方(旧措置入所者)
○同じく低所得世帯の方で、若年のころから、障がい者施策によるホームヘルプサービスを利用していた方など

社会福祉法人等から通所介護、短期入所生活介護、訪問介護などの各サービスを受ける場合、特に生計が困難な方については、申請により自己負担が軽減される制度があります。また、小規模生活単位型(個室ユニット)の介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)に入所されている方で所得の低い方は、居住費について申請により自己負担金が減額となる場合もあります。

<問い合わせ先>
高齢福祉課 電話:0574-25-2111(内線319,508)
美濃加茂市役所 〒505-8606 岐阜県美濃加茂市太田町3431番地1 電話0574-25-2111 FAX 0574-25-3917