■文字の大きさ  標準 English / Portugues ■色の変更  白 黒 青
くらし 子育て・教育 健康・福祉 文化・スポーツ 市政情報 市民の声
 サイト内検索
 閲覧回数の多い情報
TOP > 市民生活情報 > くらし > 税金
税務課 ]  2018年9月10日 更新  
■ 所得税の確定申告を間違えたので訂正できますか
確定申告を提出したあとで、計算違いなど申告内容の間違いに気が付いたら次の方法で正しく申告し直してください。

■納める税金を多く申告していた場合や、返してもらう税金を少なく申告していた場合(ただし、税額の計算が法律の規定に従っていなかったり、計算誤りにより納税額が過大である場合に限られます。)

この場合には、「更正の請求」をして正しい税額への訂正を求めることができます。
この手続は、税務署または国税庁ホームページに用意してある「更正の請求書」を税務署に提出することにより行います。

更正の請求ができる期間は、原則として法定申告期限から1年以内です。
更正の請求が堤出されると、税務署でその内容の検討をして請求内容が正当であると認められた場合に、税金が還付されます。

■納める税金を少なく申告していた場合や、返してもらう税金を多く申告していた場合

この場合には、誤った内容を訂正するための「修正申告」をする必要があります。
この修正申告をする場合には、次のことに注意してください。

・誤りに気がついたらできる限り早く修正申告をすること

税務署の調査を受けた後で修正申告をしたり、税務署から申告税額の更正を受けたりすると、新たに納める税金のほかに過少申告加算税または重加算税などがかかる場合があります。
また、確定申告が期限後申告の場合は無申告加算税がかかる場合があります。

税務署の調査を受ける前に自主的に修正申告をすれば、過少申告加算税はかかりません。
 

<お問い合わせ先>

【関税務署 個人課税第一部門】(電話 0575-22-2233)
美濃加茂市役所 〒505-8606 岐阜県美濃加茂市太田町3431番地1 電話0574-25-2111 FAX 0574-25-3917