■文字の大きさ  標準 English / Portugues ■色の変更  白 黒 青
 サイト内検索
 閲覧回数の多い情報
TOP  >  市民生活情報  >  健康・福祉  >  健康・福祉  >  健康のために
健康課 ]  2022年6月16日 更新  
■HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)についてのお知らせです。

◆HPVワクチンの接種

HPVワクチンの接種につきまして、厚生労働省の審議会で安全性に特段の懸念が認められないことが確認され、接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ると認められたことにより、令和4年度より順次、対象の方にご案内をしております。


対象は、平成9年4月2日~平成23年4月1日が誕生日の女性です。
ご案内の詳しいスケジュールにつきましては、下記の表をご参照ください。

年齢

学年

生年月日

予診票送付時期

接種可能な期間

12歳

小学6年生

H22.4.2

H23.4.1

令和5年4月頃

16歳に至る年度の末日まで

13歳

中学1年生

H21.4.2

H22.4.1

令和4年

4月下旬頃

14歳

中学2年生

H20.4.2

H21.4.1

令和4年

5月下旬頃

15歳

中学3年生

H19.4.2

H20.4.1

令和4年

5月下旬頃

令和7年3月31日まで

16歳

高校1年生

H18.4.2

H19.4.1

令和4年

4月下旬頃

17歳~

25歳

高校2年生~

H9.4.2

H18.4.1

令和4年

 7~8月頃

 なお、HPVワクチンの詳細な情報につきましては、厚生労働省のHPをご参照ください。

https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/(厚生労働省のHP)


◆HPVワクチンの接種を自費でされた方に対する費用助成

HPVワクチンの積極的勧奨の差し控えにより定期接種の機会を逃し、定期接種の対象年齢を過ぎてからHPVワクチンを自費で接種した方の接種費用を償還払いで助成します。

●対象者(①から④まですべてに当てはまる方)

①平成9年4月2日から平成17年4月1日生まれの女性で、令和4年4月1日時点で美濃加茂市に住民票がある

②16歳となる日の属する年度の末日(高校1年生の3月31日)までにHPVワクチンを3回接種していない

③17歳となる日の属する年度の初日(高校2年生の4月1日)から令和4年3月31日までにHPVワクチン(2価サーバリックス又は4価ガーダシル)を接種し、自費で接種費用を支払っている

④令和4年4月1日以降、償還払いを受けようとする接種回数分について、キャッチアップ接種によるHPVワクチンを接種していない

●対象となる費用

接種を行った医療機関に対して支払った接種費用

※領収書など接種費用の金額を確認できるものがない場合は、申請日の属する年度の定期接種の単価となります。

●申請期限

令和7年3月31日まで

●申請方法

保健センター(健康課)の窓口に申請書と必要書類を提出

●申請書

申請書        申請書(記入例)

※申請書は両面印刷をお願いします。

●必要書類

①接種費用の支払いを証明する書類の原本(領収書と明細書など)

②接種記録が確認できる書類のコピ−(母子健康手帳・予防接種済証明書・予診票など)

③申請者と被接種者の本人確認書類のコピー(マイナンバーカード、運転免許証など)

④振込希望先の口座番号が分かる通帳やキャッシュカードのコピー

※①又は②がない場合は下記までお問い合わせください。


★HPVワクチンに関しまして、ご不安な点・ご不明な点がありましたら、

保健センター(健康課母子保健係) 0574-25-4145 にお問い合わせください。

美濃加茂市役所 〒505-8606 岐阜県美濃加茂市太田町3431番地1 電話0574-25-2111 FAX 0574-25-3917