■文字の大きさ  標準 English / Portugues ■色の変更  白 黒 青
くらし 子育て・教育 健康・福祉 文化・スポーツ 市政情報 市民の声
 サイト内検索
 閲覧回数の多い情報
TOP  >  市民生活情報  >  くらし  >  ごみ・環境  >  動物、ペット
環境課 ]  2015年2月20日 更新
■犬を飼うときに守っていただきたいこと
狂犬病予防法第4条により、犬を取得した日から30日以内に、犬の登録を申請しなければなりません。(登録しなかった場合、20万円の罰金が科されます。)
登録した犬に対しては、登録を証明する「鑑札」を交付します。鑑札は、犬に着けておかなければなりません
また、第5条では年1回「狂犬病予防注射」を受けさせる義務が犬の所有者にはあります。(受けさせなかった場合、20万円の罰金が科されます。)
予防注射を打った後に「注射済票」を交付します。
なお、犬の健康状態により予防注射が受けられない場合には、獣医にて「注射猶予証明書」の発行を受け、環境課まで提出してください。

※登録・・・・市役所環境課の窓口にて受け付けております。
       登録料 3,000円(その犬の生涯1回だけかかります。)
       ○他市町村から転入した場合は、住所変更手続きが必要です。
       ○他市町村で登録されている場合は、登録料はかかりません。

※予防注射・・①各地区で集合注射を行います。
       ②各獣医で注射が受けられます。
        (注射料金は獣医により異なる場合があります。)

       注射済票 550円


「鑑札」「注射済票」を紛失した場合には再発行を受けることができます。
 再交付手数料  「鑑札」  1,600円 
         「注射済票」  340円
 
◎鑑札や注射済票をワンちゃんが身に着けていると、万が一迷子になった場合に
 早期に発見できる可能性があります。

【狂犬病について】
 狂犬病とは、狂犬病ウイルスによって起こる感染症で、人間を含めすべての
 ほ乳類が感染します。
 発症すれば100%死亡することとなる恐ろしい病気です。
 世界のほとんどの地域で発生しています。
 狂犬病による死者は年間3万~5万人といわれています。
 日本では、1957年以降国内での発生はありませんが、海外旅行先で犬に咬まれて感染し、帰国後に発症して死亡した例も確認されています。
 海外旅行先では、犬や猫、その他の野生動物などにかまれないように十分な注意が必要です。

関連資料
 1:犬の登録申請書(PDF)
 2:犬の登録事項変更届出書(PDF)
 3:犬の鑑札・狂犬病予防注射済票再交付申請書(PDF)
 4:ペットの飼主の皆様へ(PDF)
 5:犬の死亡届出書(PDF)

関連リンク
 1:狂犬病について (厚生労働省HP)
美濃加茂市役所 〒505-8606 岐阜県美濃加茂市太田町3431番地1 電話0574-25-2111 FAX 0574-25-3917