■文字の大きさ  標準 English / Portugues ■色の変更  白 黒 青
 サイト内検索
 閲覧回数の多い情報
TOP  >  市民生活情報  >  健康・福祉  >  健康・福祉  >  健康診査、予防接種
健康課 ]  2020年4月24日 更新
■風しんの抗体検査と予防接種について

風しんの抗体検査・予防接種について

 平成30年に大流行した風しんは、徐々に減少していますが、現在も発生が報告されています。
 風しんは、成人がかかると症状が重くなることがあり、また、妊娠初期の妊婦が感染すると、生まれてくる赤ちゃんの目や耳、心臓に障害が起きることがあります。

 あなた自身と、これから生まれてくる世代の子どもを守るために、ぜひ風しんの抗体検査と予防接種を受けてください。

 美濃加茂市では、特に風しんの抗体保有率が低いとされる世代の男性を対象にした無料の風しん抗体検査・第5期定期予防接種事業(国の追加的対策)、妊娠を希望する女性や抗体価が低い妊婦の夫・同居者を対象にした予防接種費用の助成を行っています。

 対象者などの詳細は、下記(1)、(2)をごらんください。 

 (1)風しん抗体検査・第5期定期予防接種(国の風しんの追加的対策)

 国内の風しんのまん延を防止するため、平成31(令和元)年度から3年間、国の風しんの追加的対策として行われるものです。

 対象は、過去に公的な予防接種を受ける機会が一度もなく、特に抗体保有率が低いとされる世代(1962(昭和37)年4月2日~1979(昭和54)年4月1日生まれ)の男性で、風しんの抗体検査および予防接種を原則無料で受けることが出来ます。
  
 美濃加茂市では、対象者を3つに分けて、年度ごとに風しんの抗体検査・予防接種の案内文書とクーポン券を発送します。

   チラシ(対象者・フローチャート) 

対象者ごとのクーポン券の発送予定

 〇1972(昭和47)年4月2日~1979(昭和54)年4月1日生まれの男性
    平成31年4月下旬 発送済
 
 〇1966(昭和41)年4月2日~1972(昭和47)年4月1日生まれの男性
    令和2年4月 発送予定

 〇1962(昭和37)年4月2日~1966(昭和41)年4月1日生まれの男性
    令和3年4月 発送予定

 〇上記発送予定より前に抗体検査の受診を希望される方
    健康課(保健センター)の窓口でクーポン券を発行することができます。
    下記の申請書と住所地等が確認できる本人確認書類(運転免許証等)を持って、
    健康課へお越しください。

   クーポン発行・再発行申請書    
   
   委任状  (同居家族等が申請する場合、委任状が必要です)

クーポン券の有効期限が延長されました
  平成31(令和元)年度に発行した風しん抗体検査・予防接種のクーポン券の有効期限が、
    1年延長されました。有効期限が「2020年3月末」となっているものは、2021年3月末
    まで使用できますので、この機会にぜひ抗体検査を受けてください。

美濃加茂市に転入された方へ
 
風しん抗体検査・予防接種を受けるには、住所地で発行されたクーポン券が必要です。
  まだクーポン券を使用した抗体検査・予防接種を受けていない方は、申請書、住所地等が
    確認できる本人確認書類(運転免許証等)を持って、健康課(保健センター)へお越しくだ
  さい。

※子どもの頃に風しんに感染したかどうか記憶が曖昧な場合も抗体検査を受けましょう。

※医療機関によっては、特定健診や職場の健診にあわせて抗体検査を受けることができます。健診の申し込み時に、医療機関へおたずねください。

※抗体検査の結果、抗体が無いまたは不十分であると分かった場合は、予防接種を受けましょう。

※詳しくは案内文書でご確認いただくか、健康課にお問い合わせください。

対象医療機関

 抗体検査および予防接種を受けられる美濃加茂市内の予定医療機関は下記のとおりです。

 加茂管内対象医療機関一覧

 全国対象医療機関 (外部リンク)- 厚生労働省ウェブサイト

 ※随時変更の可能性あり

さらに詳しい情報を必要とされる方へ

 風しんの追加的対策について (外部リンク)- 厚生労働省ウェブサイト

 風しん対策啓発リーフレット

 

(2)美濃加茂市風しんワクチン予防接種(任意)費用助成事業

  美濃加茂市では、平成31年4月1日から、任意の風しんワクチン予防接種にかかる費用の助成を始めました。助成の対象者及び手続等の流れは、下記のチラシをご覧ください。

   風しんワクチン任意予防接種費用助成事業(概要チラシ)

   風しんワクチン任意予防接種費用助成事業(対象者と手続き)

風しんとは

 感染者の咳やくしゃみ、会話などで飛び散るしぶき(飛沫)を吸い込んで感染します。小児は発熱、発疹、首や耳の後ろのリンパ節が腫れて、数日で治ります。まれに、高熱や脳炎になって入院することがあります。成人は高熱・発疹の長期化や関節痛など重症化の可能性があります。

先天性風しん症候群とは

 妊娠初期(20週以前)に風しんに感染すると、赤ちゃんが先天性心疾患・白内障・難聴を特徴とする先天性風しん症候群をもって生まれてくる可能性が高くなります。 

美濃加茂市役所 〒505-8606 岐阜県美濃加茂市太田町3431番地1 電話0574-25-2111 FAX 0574-25-3917