■文字の大きさ  標準 English / Portugues ■色の変更  白 黒 青
くらし 子育て・教育 健康・福祉 文化・スポーツ 市政情報 市民の声
 サイト内検索
 閲覧回数の多い情報
TOP > 市民生活情報 > くらし > 届け出
国保年金課 ]  2016年3月14日 更新
■ 年金を受けている父が先日亡くなりました。手続きはどうすればよいのでしょうか
■年金に関する死亡届の提出について
年金を受けている方が亡くなると、年金を受ける権利がなくなるため、「年金受給権者死亡届(報告書)」の提出が必要です。
なお、平成23年7月以降、日本年金機構に住民票コードが収録されている方は、原則として「年金受給権者死亡届(報告書)」の提出を省略できるようになりました。
ただし、死亡届の戸籍法上の届出期限である7日以内に市役所に死亡の届出があった場合に限られます。
「年金受給権者死亡届(報告書)」の用紙に亡くなられた方の氏名、生年月日、死亡年月日や年金証書に記載されている基礎年金番号と年金コードなどを記入し、必要書類を添付して提出してください。
届出が遅れ、亡くなられた月の翌月以降の年金を受け取ったときは、その分を後日返還していただくことになりますので、ご注意ください。


○必要書類:
・年金証書
・死亡を明らかにすることができる書類(戸籍謄本または除籍謄本など)


○届け出先:
・厚生年金保険の年金、老齢基礎年金  → 故人の住所地を管轄する【年金事務所】
・障害基礎年金のみ、遺族基礎年金のみ → 故人の住所地の市役所【国民年金係】


○届け出時間
・年金事務所については各年金事務所にお問い合わせください。
・美濃加茂市役所国民年金係については平日8時30分から17時15分の間にお願いします。


■未支給年金の請求について
亡くなられた方がまだ受け取っていない年金があるときは、亡くなられた方と生活をともにしていた遺族の方が未支給分の年金を受け取ることができます。
届出用紙に、亡くなられた方の年金証書に記載されている基礎年金番号と年金コード、生年月日、死亡年月日などを記入してください。
亡くなられた方が受け取っていない年金を受け取ることのできる遺族の順位は、配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹の順です。


○必要書類:亡くなられた方が受給されていた年金により書類が異なるため、事前に届け先へご確認ください。
・年金証書(亡くなられた方のもの)
・戸籍謄本
・住民票   
(住民票の住所が亡くなられた方と同一世帯でない場合は、亡くなられた方と生計をともにしていたことについて自治会長などの第三者の証明を受けた書類)
・年金を請求する方の通帳 など


○届け出先:
・厚生年金保険の年金、老齢基礎年金  → 故人の住所地を管轄する【年金事務所】
・障害基礎年金のみ、遺族基礎年金のみ → 故人の住所地の市役所【国民年金係】


なお、共済組合の各種年金を受けていた方は、各共済組合でご確認ください。


○届け出時間
・年金事務所については各年金事務所にお問い合わせください。
・美濃加茂市役所国民年金係については平日8時30分から17時15分の間にお願いします。


<お問い合わせ先>


 国保年金課国民年金係 電話 0574-25-2111(内線223)

【美濃加茂年金事務所】美濃加茂市太田町2910番地9/JR「美濃太田駅」下車徒歩約15分
(電話 0574-25-8181)

美濃加茂市役所 〒505-8606 岐阜県美濃加茂市太田町3431番地1 電話0574-25-2111 FAX 0574-25-3917