■文字の大きさ  標準 English / Portugues ■色の変更  白 黒 青
くらし 子育て・教育 健康・福祉 文化・スポーツ 市政情報 市民の声
 サイト内検索
 閲覧回数の多い情報
TOP > 市民生活情報 > 市政情報 > 市政情報
地域振興課 ]  2016年3月8日 更新
■ 公共交通に関する計画について知りたい
■地域公共交通体系整備計画について

1.地域公共交通体系の概要
 当地域は、高山本線・太多線・長良川鉄道の3鉄道が交わる交通拠点であり、古くから交通の要衝の地でありました。しかし、近年のモータリゼーションの進展に伴い、鉄道利用者は減少傾向であり、駅を結ぶ路線バスの利用者も減少傾向にあります。そのため、高山本線・太多線の利便性向上等の要望活動を東海旅客鉄道(株)に行うなど鉄道の利用促進施策を推進するとともに、既存バス路線の維持に努めてきました。路線バスは、現在は、東濃鉄道(株)により八百津線が運行されています。
 一方、平成12年10月から運行を始めたコミュニティバスは、移動制約者を中心とした地域住民の公共交通機関として多くの利用客があります。当コミュニティバスは、市内全域をカバーし、福祉・医療・文教施設・鉄道駅・商店街・観光地等を有機的に結んでおり、利用者からは大変好評です。
 また、平成記念公園「日本昭和村」の開園、中部台地における企業誘致、住宅建設及び美濃太田駅北地域に形成された大型商業団地の発展により、美濃太田駅北口を中心に、大型観光バスやタクシーなど多くの利用があります。
 平成22年8月1日からは、日本昭和村から東京新宿への高速バス路線も運行を開始し、学生をはじめ多くの旅行者、ビジネスマンの方々にご利用をいただいています。

2.利便性向上方針
①コミュニティバスが美濃太田駅を経由することにより、長良川鉄道やJR、既存の路線バスに乗り継ぐことができます。
②現在運行しているコミュニティバスは、市内11路線です。高齢者のみを総合福祉会館へ送迎していた福祉バスを取り込み、統合する形で実施しています。
③利用者の多くが総合福祉会館を利用する高齢者であり、その利便性向上のため、平成14年9月から総合福祉会館を起点とするダイヤ改正を行いました。
④平成15年4月からは、平成記念公園「日本昭和村」の開園に合わせて1路線増加しました。JR美濃太田駅から15分足らずで日本昭和村まで行くことができ、多くの利用客があります。
⑤地方路線と市街地循環線を接続させることで、市街に集中する公共施設や病院などへのアクセスもしやすくなっています。
⑥各施設に時刻表やポスターを掲示したり、市の公式ホームページにコミュニティバスのページを掲載したりするなどして、周知及びPRを行っています。
⑦住民からの改善要望等を常時受け付けたりアンケート調査などを実施したりして利用者の意見に耳を傾けており、ダイヤ改正などの折には、出来る限り応えることで市民が親しみの感じられる自主運行バスになるよう努めています。

3.自主運行バス事業の収支改善対策
 コミュニティバス運行利用促進のため、広報紙等への掲載やホームページでの情報発信、小中学生への利用啓発、問い合わせなどに対する分かり易い説明などの取り組みを行い、収益増加・収支向上に繋げていきます。
 また、コミュニティバス事業は、市の総合計画において特に重要な施策として位置づけられています。現行ルートやダイヤの見直しなどにより、高齢者や移動制約者のみならず一般乗客にとってもより利便性の高いコミュニティバスに改善していく予定です。

■お問い合わせ先
 地域振興課地域政策係 電話0574-25-2111(内線249)
 URL: http://www.city.minokamo.gifu.jp/bus/
美濃加茂市役所 〒505-8606 岐阜県美濃加茂市太田町3431番地1 電話0574-25-2111 FAX 0574-25-3917