■文字の大きさ  標準 English / Portugues ■色の変更  白 黒 青
くらし 子育て・教育 健康・福祉 文化・スポーツ 市政情報 市民の声
 サイト内検索
 閲覧回数の多い情報
TOP > 市民生活情報 > くらし > 届け出
市民課 ]  2014年12月18日 更新
■ 離婚の届け出には何が必要ですか
離婚された場合、以下のような戸籍の届け出が必要になります。


<提出書類>  離婚届
<届出人>   当事者(夫と妻)
        (届出人とは届出書の「届出人欄」に署名・押印する方のことです)
<届け出窓口> 届出人の所在地または本籍地の市区町村役場の戸籍事務担当課
        (「所在地」とは、住所地のほか、旅行先などの一時滞在地も含みます)
<必要なもの> 戸籍謄本または戸籍全部事項証明書(原則として届ける市町村に本籍のない方)
        協議離婚の場合は夫婦双方の印鑑・届書を持参した方の本人確認書類(免許証・パスポートなど)
        調停離婚の場合は申立人の印鑑・調停調書の謄本
        和解離婚の場合は申立人の印鑑・和解調書の謄本
        認諾離婚の場合は申立人の印鑑・認諾調書の謄本
        審判離婚の場合は申立人の印鑑・審判書の謄本と確定証明書
        判決離婚の場合は申立人の印鑑・判決書の謄本と確定証明書


『注意事項』
1.休日や夜間の戸籍届出につきましては各市役所の宿日直室で受付しています。後日、市民課戸籍係職員より内容確認の電話をさせていただくことがありますので、平日の日中(8時30分~17時15分)に連絡可能な電話番号を必ず届書に記入しておいてください。 
2.調停・審判・判決離婚は成立・確定した日から10日以内に届けなければなりません。
3.調停・和解・認諾・審判・判決離婚の場合、届書への署名・押印は申立人(訴えの提起者)のみで結構です。
4.協議離婚には、成人の証人2人の署名押印が必要です。
5.結婚のときに姓が変わった方は、原則として旧姓に戻りますが、離婚後も結婚中の姓を名乗りたい場合は、別途届け出が必要です。ただし、市役所への届け出のみで婚姻中の姓を名乗ることができるのは離婚の日から3カ月以内に限ります。
6.夫婦に未成年の子がいる場合は、どちらが親権者になるかを届け書に記載する必要があります。


★お願い★
美濃加茂市役所に離婚届を届け出る場合、届書を持参したすべての方に本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)を提示していただくこととしております。
なお、本人確認書類をお持ちでない場合でも届出はできますが、届書に記載されている届出人に対し、届出があったことを後日郵便でお知らせします。

<お問い合わせ先>
 市民課戸籍係 0574-25-2111(内線224・225)
美濃加茂市役所 〒505-8606 岐阜県美濃加茂市太田町3431番地1 電話0574-25-2111 FAX 0574-25-3917