■文字の大きさ  標準 English / Portugues ■色の変更  白 黒 青
くらし 子育て・教育 健康・福祉 文化・スポーツ 市政情報 市民の声
 サイト内検索
 閲覧回数の多い情報
TOP > 市民生活情報 > 子育て・教育 > 教育
学校教育課 ]  2011年1月25日 更新  
■ 引越しをするのですが、入学する学校がどのようになるのかが知りたい
■入学の前に引越しをしますが、新たな入学通知書は送られてくるのでしょうか。
◇住民票を異動される前に教育委員会までご連絡ください。


■入学の前に、違う学校区の住所に引越しをします。引越し前の区域の学校へ入学することはできるのでしょうか。
◇美濃加茂市では、入学する学校の指定はお住まいの区域によって行われ、原則として教育委員会が指定した学校以外の学校へ入学することはできないことになっています。
もと住んでいたから、もとの学校のほうが近いから、などの理由では引越し前の区域の学校への入学はお認めしていません。ただし、お子様の身体的な理由などでお認めできる場合もありますので、教育委員会に、具体的にご相談ください。


■入学して間もなく引越しをします。この場合あらかじめ引越し先の学校に入学することはできるのでしょうか。
◇入学後、転居までの期間によっては、あらかじめ引越し先の学校に入学することをお認めするケースがあります。
転居することが決まりましたら教育委員会までご連絡ください。


■市内で引越しをする(または、した)が、転校せず現在の学校に通学できますか。

◇小学生、中学生とも最終学年であれば、卒業まで現在の学校への通学が可能な場合があります。最終学年以外については、やむをえない事情がある場合は概ね1ヶ月以内の期間について現在の学校への通学を認める場合があります。ご相談をいただきたいと思います。

<手続き>
 教育委員会に相談の上、「指定学校変更承認申請書」に必要事項を記入いただき、学校へ提出してください。承認されたことは、教育委員会から保護者と学校にお知らせします。また、申請手続きにあたって、指定学校の変更を受ける状況を証明する書類が必要な場合があります。詳細は、教育委員会でご確認下さい。


■市外へ引越しする(または、した)が、転校せず美濃加茂市内の学校に通学したい。
◇住民登録のある住所地が属する学校区の学校へ就学することが原則です。しかし、やむをえない事情がある場合は、区域外通学を申請していただき、引越し先の市町村の教育委員会との協議の上、決定することになります。小学生、中学生とも最終学年であれば卒業まで美濃加茂市内の学校への通学をお認めする場合があります。最終学年以外の場合は、概ね1ヶ月以内を基準として、現在の学校への通学をお認めする場合があります。教育委員会にご相談下さい。

<手続き>
 教育委員会に相談の上、「区域外就学承認申請書」に必要事項を記入いただき、学校へ提出してください。学校長の承認を受けた後、書類を教育委員会に提出して下さい。また、申請手続きにあたって、転居予定等を証明する書類の写しが必要な場合があります。詳細は、教育委員会でご確認下さい。
 教育委員会が、転居先の教育委員会と協議の上、承認について決定します。承認されたことは、教育委員会から保護者と学校にお知らせします。


■これから市外へ引越しするが、引越し先での入学手続きはどのようにすれば良いのか。
◇市外へ転出される場合、入学先の学校や手続き等に関しては引越し先の教育委員会へご相談ください。
新1年生で転入する場合、転出先に入学通知書を持って行く必要はありません。美濃加茂市からお送りした通知書は、お手数ですがご自身で破棄していただいて結構です。



<お問い合わせ先>
【教育委員会 学校教育課】
 美濃加茂市太田町3431-1 市役所分庁舎3階(電話 0574-25-2111)
美濃加茂市役所 〒505-8606 岐阜県美濃加茂市太田町3431番地1 電話0574-25-2111 FAX 0574-25-3917