逍遥 山つばきの部屋

 太田小学校ができる前,この場所は尾張藩の太田代官所で した。坪内逍遙先生の父は,この代官所の役人だったのです。逍遙博士は,安政6(1895)年5月22日,厳しくて曲がったことが嫌いの父平右衛門と,本 好きな優しい母ミチの間に10番目の子どもとして生まれました。幼い頃は,絵を描いたり木曽川で水遊びをしたり,天神神社の境内にあった椿の実で「木の実 振り」という遊びに夢中になって過ごしました。
 10歳の時に名古屋に移って英語を学び,明治9年に上京。そして東京大学を卒業し,明治18年26歳の時に『当世書生気質』や『小説神髄』などの作品を 発表して,全国に知られるようになりました。
 逍遙博士は演劇の方面にも力を注ぎ,文芸協会を開設したり,演劇博物館を完成したりしました。また『新修シェークスピヤ全集』の刊行に専心されました。 こうして,数多くの業績を残した逍遙博士は,昭和10年2月28日,75歳でこの世を去られました。
 この「逍遙山椿の部屋」は,逍遙博士が好んだ「山椿」の花の名にちなんで名付けられました。この部屋にある資料などを見て逍遙博士の素晴らしさを知り, その人柄にふれることは大事なことです。この地で生まれた逍遙博士を誇りに思い,逍遙博士のような立派な人になるための勉強の部屋として大いに活用してほ しいものだと考えています。


山椿の部屋。本校北側にある玄関から 入ってすぐ右側にあります。中には逍遙博士に関する資料や逍遙大賞受賞者の資料が展示されています。 「山 椿の歌」の楽譜。逍遙先生が作られた詩に平成7年,当時の佐合良平教頭(校長)が作曲し,以降太田小学校で歌い継がれています。特に2月の「今月の歌」 になっており,「山椿の集い」でも全校合唱しています。

山つばきの部屋 見学について
<平日> 8:30〜16:45
※玄関インターホンでお知らせ下さい。
※太田小学校では,防犯上常に玄関を施錠しています。あらかじめご了承下さい。

<休日> 休館しています。ただし,団体等については,あらかじめお知らせいただければ入館可能な場合もあります。見学希望の方は太田小学校教頭にお問い 合わせ下さい。